日々是好日

月イチ屋久島通勤中(´・ω・`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

たまにはまじめに。

今日も屋久島では山には雲がかかっていて、なんだかむしぃ~っとしていました。
お客さんをお迎えに行ったら、白波がすこしたっていて、
『揺れました?』
って訊ねたら、
「爆睡してたんでわかりません(笑」
と答えられました。

ある意味ただしい船での過ごし方です(*゚∞゚)b
私なんて、わざと睡眠不足で乗りますからね。
寝るために。

友人から、
「ニュー速みてたら屋久島載ってたんだけど、なんだったかなー」
と云われ、久々にギコ起動。
【社会】屋久島:ウミガメの上陸、観測史上最高ペース 海流の変化?保護活動が実る?
というスレでした。

国内旅行カテに屋久島スレがあって、それをさっきまで読んでいました。
ガイドさんに関して、やはりいろいろ思われるところが多いようですねぇ。
私が知らないことも結構あって、おもしろく読ませてもらいました。
1人旅の人は、やっぱり情報収集のために、1人旅の人が集まる宿や、情報交換をしやすい宿を探されるんですねぇ。

たけすぎやくすぎ荘でも、どういうプランニングをしたらいいかなぁ~って相談していらっしゃるお客さんは多くて、コンシェルジュのようにいろいろなお手配までしたいところではあるのですが、私たちでも把握できないほどガイド会社もそのガイドが提示するコースも多岐に渡っているため、こういうガイドさんがいらっしゃいますよ?というところまではご案内しますが、金額やコース内容との折り合いはお客さんが判断するものだと思っているので、最終的なお手配はお客さん自身にやって戴いてます。

オンシーズンだと、屋久島に到着してからでは、希望のガイド会社が満員ということもあるので、注意が必要です。
レンタカーも然り。

このところの原油高騰で、輸送費が余計にかかる屋久島でのガソリン代は、本土のそれより高いので、思わぬところで出費が増えることも頭に入れておきましょう。

さっき書いた海がめの産卵ですが、7月中は海がめ観察会という形式になります。
詳しくはこちら→観光協会内
完全予約制で1日定員80名です。
予約ナシに行っても参加できませんので注意。
永田ウミガメ連絡協議会
TEL: 090-8768-4281
FAX:0997-45-2484
午前8時30分~午後5時
参加費700円

海がめの産卵を見に行くときには、ガイド会社のナイトエコツアーに参加するのも手ですが、観察会で説明は十分してもらえますので、タクシーやレンタカーで行くのも良いです。
路線バスはその時間帯はありません。
タクシーの場合、屋久島交通タクシー(0997-42-0611)は、往復9800円。
3名以上で行けば、エコツアーで行くより割安になります。

レンタカーではオリックスレンタカーやレンタカーNAVIで、夕方配車→翌朝返車の割安プランを提示しています。
(それぞれのサイトには書いてないようなので、直接お問合せが必要?)

あと、エコな乗り物といえば自転車。
坂道の多い屋久島ではちょっと大変ではありますが・・・。
屋久島観光センター(0997-42-0091)に申し込みをすれば、どの協力店で借りても返してもおっけーになりました。
レンタサイクル協力店は、宮之浦の内田石油、永田のまるそう石油、一湊の肥後石油、小瀬田の南邦石油、安房の森の陽だまり、尾之間の日高石油、栗生のSマート。
値段は1日マウンテンバイク800円。シティサイクル500円。
この前チラ見した時、確か観光センターに『電動アシスト自転車』もあったような気がします。
坂道が多い屋久島では圧倒的にこれがオススメな気がします。
他のチャリより高かったと思います。
あと、充電(漕ぐことでたまるんでしたっけ?)が切れると普通のチャリより重いのも注意。
あと・・・観光センターにはなぜかセグウェイがあるんだ。
オーシャンヴューキャンプ場で乗れるようなこと書いてた。(公道×のため)

8月1日から縄文杉への荒川登山口⇔屋久杉自然館の間はシャトルバスが運行になります。
詳しくはたけすぎのHPのinformation観光協会のHPをご覧クダサイ。


たまにはまじめに観光のことも書いてみようと思ったらこんなに長くなっちゃったんだ…。
スポンサーサイト
[ 2008/07/23 23:38 ] 日々のあれこれ | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。